2019-02

未分類

仁智教育の価値観の達成目標(VDGs)

仁智教育の中心は価値観です。一文で表すなら 「教師が正しい価値観を持ち、それを身をもって伝える」という事になります。 仁智教育は次の価値観を掲げます。 仁智教育掲げる価値観をVDGs( 価値観の達成目標Value Dev...
未分類

教育界の「奇跡の人」西郷孝彦先生(2)

私は土木会社でアルバイトをしたり、日本最大手の塾で働いたり、コンピュータの会社で働いたりしましたが、どこも大抵同じでした。生意気なはねっかえりが入って来ると従順になるまでいじめ抜く。特に学校では顕著です。日本人はいつになったら、こ...
未分類

教育界の「奇跡の人」西郷孝彦先生(1)

「公教育では理想の教育を実現できないよ。」高校時代からの私の親友の言葉は時を経るごとに私の両肩に重くのしかかりました。その親友とは高校時代議論の限りを尽くしました。教育も重要なテーマで、特にシュタイナー教育についてよく語り合いまし...
未分類

人智教育の最重要事項 教師の価値観(1)

実際教育とは綺麗ごとではなく、教師の最大の苦しみは指導困難な生徒の指導である事を書きました。なぜ、こう言う事例を先に書いたかと言えば、子どもは天使のような存在で、適切に接すれば、みんないい子になるといった類の夢物語を一切排除した現実論を述...
未分類

文科省に物申す

アクティブラーニングが導入されて、数年が経過した。アクティブラーニングの概念は実に素晴らしい。主体的・対話的・深い学びを中心とする今の日本にまさに必要な概念だ。では、全国の小中学校の教員でどれほどの人がアクティブラーニングに取り組んでいま...
未分類

日中戦争の1次資料を扱う難しさ

日中戦争の話をすると狂ったように1次資料を出せと言ってくる方がいるのですが、そういう方はほとんど1次資料の意味がわかっていない。1次資料とされる中国側の資料の中には捏造された物がある事がはっきりしている。では、アメリカの資料を使えばいいじ...
未分類

生徒を集団暴行 動画を投稿〜もし我が子が暴行を受けたら

指導困難生徒に心理学や脳科学的アプローチをせよとか暴行事件に被害届を出せとか、長谷川の仁智教育はちっとも愛情もないし、理性に訴えかけてないじゃないかと思われるかもしれませんが、私は机上の空論を述べるつもりはありません。まずはこういった一番...
未分類

仁智教育の発想 指導困難生徒を見分けて心理学・脳科学的なアプローチをしてみる(2)

教師が苦しむ軽度発達障害はアスペルガーとADHDです。こういう事を言うと差別だとか人権侵害だとかいう人がいますが、教師がまずしないといけない事は生徒の実態をつかむ事です。生徒の実態をつかんでこそ、生徒を愛して適切な指導を施す事が出来るので...
未分類

仁智教育の発想 指導困難生徒を見分けて心理学・脳科学的なアプローチをしてみる

私が見てきた指導困難生徒の特徴は ①相手の立場に立って考える事が出来ない。 ②証拠、証言があっても自分の非を認める事が出来ない。 ③自分の都合のいいように自分の記憶を改竄してしまう。 という物です。こういう生徒の指...
未分類

暴力をふるわれた生徒に「やり返していい」と指導した教員は本当に責められるべきなのか

2016年5月に千葉県松戸市内の小学校で生徒の暴力事件が起こりました。 2019年2月19日のビビットで独自取材のよる報道がありました。録画できなかったので私の拙い記憶力とネット上のわずかな情報を元に事実を文章化してみま...