未分類

良い人になるためには自信を持たなければならない(1)

スクールカウンセラーの先生に尋ねた事があります。いい人になるための心理学的手法はなんですか?その先生はこう答えました。 「心理学(というかカウンセリング)に いい人になると言うアプローチはないんです。カウンセリングの目標は、クライア...
未分類

理科教材会社に新製品のアイディアを提供しました。

実験をすると教科書通りにやってるのにうまくいかないということが本当によくあります。例えば酸化銅の還元、この実験をうまく活かせるには実に様々な工夫が必要です。 私の師匠は小森栄治先生と言う方です。ナリカサイエンスラボで指導員をされてい...
未分類

理科室の不思議

ここに教科の事について書くのがいいのか悪いのかずっと迷ってきましたが、教科は生徒指導と一体であるというのが私の信念ですので評価についても書かせていただくことにします。 私の教科は中学校理科です。私の授業は8割で実験をします。教科書に...
未分類

DBDマーチの概念に基づいた全く新しい生徒指導(14)

実際、私が関わった生徒でも父子家庭で家族の養育機能が低いと判断せざるを得ず、父親、本人、児童相談所と連携して養護施設へ入所した例がありました。この生徒はADHDの生徒で、幸いこの時は劇的な効果があり、半年の入所で生徒の生活態度は劇的に良く...
未分類

DBDマーチの概念に基づいた全く新しい生徒指導(13)

そして、手強い指導困難児童生徒に対して担任が一人で取り組むのは非常に危険です。少なくとも、学年、管理職との連携が必要ですが、肝心なのはこの指導グループが特別支援的な価値観を共有するという事と必ず、スクールカウンセラーと連携するとい...
未分類

DBDマーチの概念に基づいた全く新しい生徒指導(12)

このような自己肯定感をめぐる混乱は、反抗、暴力、家出、ひきこもりなどの問題行動を刺激し、その子どもに対する叱責を増加させます。同時に親として、あるいは教師としての無力感や罪悪感を強く刺激され、その結果、その子どもを避けたい、関わり...
未分類

DBDマーチの概念に基づいた全く新しい生徒指導(11)

何故かと言えば、WISC-Ⅲの実施をするには当然保護者の了解が要ります。保護者にしてみれば青天の霹靂です。今まで大切に育んできた、順調に普通に育ってくれていると信じて疑っていなかった我が子に何らかの障害があるかもしれないと言う嫌疑...
未分類

DBDマーチの概念に基づいた全く新しい生徒指導(10)

「情緒的障害」は、不安障害、適応障害、気分障害などからなるADHDの2次障害です。強迫性障害10名が最も多く対象の8%にみられ、分離不安障害7名、過剰不安障害5名と不安障害に続き、適応障害6名、気分障害三名がみられました。「神経性...
未分類

DBDマーチの概念に基づいた全く新しい生徒指導(9)

素行障害のレベル 軽症:診断を下すのに必要な素行上の問題はあっても、わずかに超える数であり、素行上の問題は他者に比較的小さな害を及ぼしている(例:嘘をつくこと、怠学、許可なく夜遅くまで外出する、その他の規則違反)。中等症:素...
未分類

DBDマーチの概念に基づいた全く新しい生徒指導(8)

DSM-5では対人関係や虐待、教育、職業、住居、経済、人生の危機など多くの生きていく上での課題を取り扱っています。そこでは、親子や夫婦間の虐待やネグレクト、孤立、ホームレス、貧困、社会的疎外など、生きることの困難を精神医学的関与の対象とし...