未分類

公教育の根本的問題と世田谷区立桜丘中学校西郷孝彦先生の実践で今すぐ出来るもの(1)

まず、私が考えるのはいじめは人間が生れながらに持っている本能だという事です。以前、私が水槽で熱帯魚を5匹飼っていた時の事です。見るからに弱くて、動きの遅い魚が一匹いました。ある時、熱帯魚の様子をみていると弱い熱帯魚のヒレが破れてい...
未分類

公教育改革〜中体連、部活動改革

私は公教育についてかなり批判していますが、公教育がダメだと言っている訳ではありません。先輩達そして現役の教員達の必死の努力によって、学校は学級崩壊、学校崩壊を防いで来ました。もし、教員達が頑張らないで学級崩壊、学校崩壊が起こってい...
未分類

学校教育は今すぐ根底から変わらないといけない。その理由。(2)

⑤高校生自己肯定感の低さ 日本の高校生は外国と比べて非常に自己肯定感が低い事が分かりました。 国立青少年教育振興機構がアメリカや日本、中国、韓国の高校生・計8840人を対象にして調査したところ、日本だけが44.9%と非...
未分類

学校教育は今すぐ根底から変わらないといけない。その理由。(1)

以前、ゆとり教育が行われた時期がありました。文科省の鳴り物入りで今までの詰め込み教育を反省し、もっと人間らしさを追求した素晴らしい理念でした。しかし、ゆとり教育が十分完成度を高めるよりも前に世論の高まりで中止になってしまいました。...
未分類

仁智教育の価値観の達成目標(VDGs)

仁智教育の中心は価値観です。一文で表すなら 「教師が正しい価値観を持ち、それを身をもって伝える」という事になります。 仁智教育は次の価値観を掲げます。 仁智教育掲げる価値観をVDGs( 価値観の達成目標Value Dev...
未分類

教育界の「奇跡の人」西郷孝彦先生(2)

私は土木会社でアルバイトをしたり、日本最大手の塾で働いたり、コンピュータの会社で働いたりしましたが、どこも大抵同じでした。生意気なはねっかえりが入って来ると従順になるまでいじめ抜く。特に学校では顕著です。日本人はいつになったら、こ...
未分類

教育界の「奇跡の人」西郷孝彦先生(1)

「公教育では理想の教育を実現できないよ。」高校時代からの私の親友の言葉は時を経るごとに私の両肩に重くのしかかりました。その親友とは高校時代議論の限りを尽くしました。教育も重要なテーマで、特にシュタイナー教育についてよく語り合いまし...
未分類

人智教育の最重要事項 教師の価値観(1)

実際教育とは綺麗ごとではなく、教師の最大の苦しみは指導困難な生徒の指導である事を書きました。なぜ、こう言う事例を先に書いたかと言えば、子どもは天使のような存在で、適切に接すれば、みんないい子になるといった類の夢物語を一切排除した現実論を述...
未分類

文科省に物申す

アクティブラーニングが導入されて、数年が経過した。アクティブラーニングの概念は実に素晴らしい。主体的・対話的・深い学びを中心とする今の日本にまさに必要な概念だ。では、全国の小中学校の教員でどれほどの人がアクティブラーニングに取り組んでいま...
未分類

日中戦争の1次資料を扱う難しさ

日中戦争の話をすると狂ったように1次資料を出せと言ってくる方がいるのですが、そういう方はほとんど1次資料の意味がわかっていない。1次資料とされる中国側の資料の中には捏造された物がある事がはっきりしている。では、アメリカの資料を使えばいいじ...